No Image

体に貼るタイプの認知症治療薬が国内で初めて承認されることになったようです。

薬が飲み込めない患者や、食事はもとより、薬も飲むことを嫌がる患者が多いとも聞きますので、このような形態の薬が利用できるようになる事は、日頃から認知 ...

No Image

認知症は一度発症してしまうと、現在の所元のように戻ることはありません。現状維持ができればよい方で、できるだけ病状の進行を遅らせるだけが精一杯という場合も多いようです。治るにしろ治らないにしろ、本人のみならず、その家族や親族にのしかかる ...

No Image

非常に残念なことですが、、現在でも認知症は完全に治癒させることはできません。現在の治療は、認知症を治すのではなく、残っている健常な機能を維持しながら認知症状の進行をできるだけ抑えることを目的として行われています。しかし、近年はアルツハ ...

No Image

突発性正常圧水頭症(iNPH)…あまり聞いたことのない病名です。
最近になって

歩きにくくなった…
認知症状が強くなった…

などの症状があらわれてきていても、
「もう年だから致し方ない、年だから ...

No Image
認知症とは

脳は、私たちの身体活動及び精神活動のほとんどをコントロールしている、いわば司令塔ともいえる重要器官です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなるのは当然のことです。
認知症とは、いろいろな ...

No Image
認知症の原因疾患

現在の日本では、高齢化に伴って認知症患者数が確実に増加しつつあります。認知症には、いくつかの型があるものの、そのいずれもがいまだその根本的な発症原因が解明されてはいない病気でもあります。

認知症を引き起こす ...

No Image

認知症は、脳の細胞が壊れていくことによって起こってくると考えられています。その症状はおおきく「中核症状」と「周辺症状」に分類されています。

中核症状記憶障害

人間の脳には、眼や耳から得られた情報を取捨選択し、関心のあるものを ...

No Image

脳血管性認知症は、脳の血管の病気、脳梗塞や脳出血を根本的な原因として起こるものです。簡単に言うと、脳血管疾患の後遺症です。
詰まるか切れるかのどちらかが脳の血管の病気ですが、主として生活習慣病を原因とする動脈硬化が原因として起 ...

No Image

極端な運動不足は体の活動能力を低下させ、ひいては脳の活動をも低下させてしまいます。適度な運動は、認知症予防につながっていくのです。
運動と言えば、まず歩くことです。歩くことは何でもないように見えますが、現実には脳のいろいろな場 ...

No Image

脳血管性認知症は、そのベースに動脈硬化があり、脳の血管の病気は、適切な対処でその進行を止めることが可能です。つまり、動脈硬化を防ぐ食事を中心とした生活習慣を心がけることで、認知症の予防につながっていきます。
ということで、食事 ...

No Image

アルツハイマー型や脳血管性の認知症でなくとも、「注意力の低下」によって認知症が出現することがあります。あまりにも刺激のない単調な生活を続けていると、脳への刺激が減り、神経細胞も神経細胞のネットワークも衰えるばかりです。非活動的な生活は ...

No Image

ペットを飼うと認知症の予防に役立つと言われています。
最近はペットブームなのだそうです。
単にペットという範囲を超えて、家族の一員としての存在にまでなっています。ペットにかける費用は糸目をつけないなどの、溺愛もそこら中 ...

No Image

アルツハイマー型認知症の危険因子として、頭部外傷の既往が、まず第一に挙げられます。頭部外傷といっても、脳しんとうのように脳の組織に特に損傷を与えないもの、また脳挫傷といい脳組織に損傷を与えるものもあります。また、臨床的には意識消失のあ ...

No Image

最近は認知症に関するニュースや話題を良く見聞きするようになりました。
「人生50年」…、かつて人の一生をこう呼んでいた時代もありました。ところが、今の日本人の平均寿命は、女性84歳、男性78歳、なんと長生きな民族になったことで ...

No Image
単なる物忘れ

誰でも歳をとれば物忘れをしたり、同じ話を何度も繰り返す自分に気がつく時があるものです。

人の名前が思い出せない。
(管理人などはしょっちゅうです)
どこかにしまい忘れた。
(これもだ!) ...