認知症

パーキンソン病は、原因不明の神経変性疾患で、主に40歳~50歳以降に発症し、ゆっくりと進行するのが特徴です。この病気は、神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少してしまうために起こると考えられています。
パーキンソン病と言えば ...