認知症

パーキンソン病は、原因不明の神経変性疾患で、主に40歳~50歳以降に発症し、ゆっくりと進行するのが特徴です。この病気は、神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少してしまうために起こると考えられています。
パーキンソン病と言えば ...

認知症

クロイツフェルト・ヤコブ病とは、プリオン蛋白と呼ばれる異常な蛋白質が脳に蓄積し、脳神経細胞の機能が障害され、脳に海綿状の変化が出現するプリオン病と呼ばれる疾患群の中の代表的なものです。プリオン病には、このクロイツフェルト・ヤコブ病のほ ...

認知症

エイコサペンタエン酸(EPA)は、イワシやマグロなどの魚油に含まれる多価不飽和脂肪酸の一種で、イコサペンタエン酸(IPA)とも呼ばれます。体内では合成することができないため、外部から摂取する必要があります。
EPAが注目される ...

認知症

認知症は一度発症してしまうと、現在の所元のように戻ることはありません。現状維持ができればよい方で、できるだけ病状の進行を遅らせるだけが精一杯という場合も多いようです。治るにしろ治らないにしろ、本人のみならず、その家族や親族にのしかかる ...

認知症

非常に残念なことですが、、現在でも認知症は完全に治癒させることはできません。現在の治療は、認知症を治すのではなく、残っている健常な機能を維持しながら認知症状の進行をできるだけ抑えることを目的として行われています。しかし、近年はアルツハ ...