認知症
成年後見制度の手続きの流れ

成年後見制度を利用するには本人の住所地の家庭裁判所に申し立てをする必要があります。
申し立ての必要な書類と費用はおよそ以下のとおりですが、事案によって多少異なりますので詳しくは管轄の家庭裁判所に聞いて ...

認知症
成年後見登記制度とは

成年後見登記制度は、法定後見制度と任意後見制度の利用の内容、成年後見人の権限や任意後見契約の内容などをコンピューターシステムにより法務局で登記して、登記官が登記事項証明書を発行して情報を適正に開示することによって、 ...

認知症
任意後見制度

任意後見制度は、本人が判断能力を有しているうちに、将来自己の判断能力が不十分になった場合の後見事務の内容と任意後見人を前もって契約して決めておく制度です。

この契約は、公証人役場で公正証書を作成することになりま ...

認知症
法定後見制度の内容

法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。
法定後見制度においては,家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(成年後見人・ ...

認知症
成年後見制度とは

民法改正に伴い2000年4月よりスタートした制度です。

認知症の方、知的障害のある方、精神障害のある方など、自己の判断能力が不十分な方々は、財産管理や身上監護(介護、施設への入退所等の生活について配慮するこ ...