認知症

認知症は一度発症してしまうと、現在の所元のように戻ることはありません。現状維持ができればよい方で、できるだけ病状の進行を遅らせるだけが精一杯という場合も多いようです。治るにしろ治らないにしろ、本人のみならず、その家族や親族にのしかかる ...

認知症

極端な運動不足は体の活動能力を低下させ、ひいては脳の活動をも低下させてしまいます。適度な運動は、認知症予防につながっていくのです。
運動と言えば、まず歩くことです。歩くことは何でもないように見えますが、現実には脳のいろいろな場 ...

認知症

脳血管性認知症は、そのベースに動脈硬化があり、脳の血管の病気は、適切な対処でその進行を止めることが可能です。つまり、動脈硬化を防ぐ食事を中心とした生活習慣を心がけることで、認知症の予防につながっていきます。
ということで、食事 ...

認知症

アルツハイマー型や脳血管性の認知症でなくとも、「注意力の低下」によって認知症が出現することがあります。あまりにも刺激のない単調な生活を続けていると、脳への刺激が減り、神経細胞も神経細胞のネットワークも衰えるばかりです。非活動的な生活は ...

認知症

ペットを飼うと認知症の予防に役立つと言われています。
最近はペットブームなのだそうです。
単にペットという範囲を超えて、家族の一員としての存在にまでなっています。ペットにかける費用は糸目をつけないなどの、溺愛もそこら中 ...

認知症

アルツハイマー型認知症の危険因子として、頭部外傷の既往が、まず第一に挙げられます。頭部外傷といっても、脳しんとうのように脳の組織に特に損傷を与えないもの、また脳挫傷といい脳組織に損傷を与えるものもあります。また、臨床的には意識消失のあ ...