No Image
サービス・特徴

65歳以上の在宅で介護を受けている高齢者を在宅で介護している家族などからの相談を受け付ける機関です。24時間体制で受けつけているところもあります。
必要な介護福祉サービスが受けられるように、市区町村などの各行政機 ...

No Image
サービス・特徴

高齢者生活福祉センターとは、日常生活に不安がある高齢者、あるいは独立して生活することに不安のある高齢者向けの小規模居住施設です。一般的には、通所介護事業所に隣接しています。介護サービスを提供するほか、介護に関する相談やア ...

No Image
サービス・特徴

訪問看護ステーションとは、老人保健法・健康保険法・介護保険法に基づき、かかりつけの医師の指示により、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケア ...

No Image
サービス・特徴

デイサービスセンター(通所介護事業所)は、老人福祉法に基づく老人福祉施設の一つです。介護や支援が必要な方を対象とした日帰りの通所サービスを提供しています。
事業内容としては、リフトバス等による送迎を行ったりする「 ...

No Image
サービス・特徴

居宅にて療養されている方に対して、心身の状況や家族の病気・冠婚葬祭及び家族の身体的・精神的負担の軽減を図るため、対象者を一定期間(約2週間)をめどに預かり医療上のケアを含む介護を提供するサービスです。
利用者の方 ...

No Image
サービス・特徴

短期入所生活介護とは、在宅生活されている要介護者の方々が特別養護老人ホーム又は老人短期入所施設に短期間入所し、その施設に於いて入浴、排泄、食事等の介護、その他日常生活上の世話及び機能訓練を受けることを言います。

No Image
サービス・特徴

介護老人保健施設は 略称“ろうけん”とも言われており、要介護と認定され、高度な医学的治療は必要としませんが、介護を必要としている高齢者の自立を助け、家庭で生活していけるように支援している施設のことをいいます。
介 ...

No Image
サービス・特徴

介護が必要な痴呆性のお年寄り5~9人程度がスタッフと家庭的な雰囲気の中で共同生活を行う介護サービスです。認知症の入居者がただ介護されるだけではなく、介護要員と共同生活を送ることにより、残存能力を引き出し痴呆症の緩和を促す ...

No Image
サービス・特徴

特別養護老人ホーム(介護保険法上の名称は「介護老人福祉施設」)は、65歳以上の者であって、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする者(いわゆるねたきり老人等)であって、居宅において適切な介護を受ける ...

No Image
サービス・特徴

養護老人ホームというのは、老人福祉法第20条の4に規定された老人福祉施設です。
65歳以上の方で、環境上の理由および経済的理由により居宅において養護を受けることが困難な方を自治体が措置する老人福祉施設です。このた ...

No Image
サービス・特徴

軽費老人ホームC型(ケアハウス)とは基本的にはA型の経費老人ホームと同じシステムです。
住宅事情や家庭環境によってご家族の援助をうけることができないという方、自炊ができないくらいの身体機能の低下がある方、などが対 ...

No Image
サービス・特徴

家庭環境や住宅事情などから、居宅で生活する事が困難な人を対象としています。
ただし、自炊が出来る程度の身体的機能・健康状態である事が条件となります。
軽費老人ホームB型は、食事は自炊となりますので、基本的 ...

No Image
サービス・特徴

地方公共団体、社会福祉法人などが運営。
収入が利用料の2倍以下などといった、収入が少なく、身寄りがない、もしくは何らかの家庭の事情から家族との同居が難しい高齢者が対象のホームです。
日常生活の便宜を図る事 ...

No Image
サービス・特徴

食事の提供その他日常生活に必要な便宜を供与する目的の民間施設。終身介護を目指す施設もあり内容は施設により様々です。入居については経営者側と入居希望者との自由な契約によることとなります。

入居(利用)条件

有料老 ...

No Image

認知症が悪化すると家庭での介護が困難となることは容易に想像がつきます。家族それぞれ、仕事を持ちそれにより収入を得ていると言うことを考えると、介護につきっきりというのは無理であるとも言えます。親の介護は子の務め等とも言われますが、現実に ...