認知症

平成29年度以降に、健康保険・介護保険などの制度見直しが行われます。介護関係にもいささか関連するので大筋をご紹介します。詳しい制度内容や制度の適用を受けるために必要な手続きなどは、各保険制度の担当課にお問い合わせ下さい。

高額医 ...

准サービス介助士とは、「おもてなしの心」と「正しい介助技術」の両方を持ち、メンタルとフィジカルの両面から体の不自由な方をサポートする技術を持った人のことです。介護を葉必要とまでは言えない、比較的元気な高齢者や障害者への正しい介助知識が ...

認知症

医療や介護、年金などの社会保障制度をよくする(??)ことを目指し、政府の「国民会議」がこのほどまとめた報告書に基づいて法案がつくらるそうです。基本的な方針として、今までのような年齢による区切りをやめ、高所得者には負担増を求め、低所得者 ...

認知症

進行性核上性麻痺とは、脳の基底核・脳幹・小脳といった特定部位の神経細胞が減少してしまい、転びやすい、下の方が見にくい、認知症、しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症状が現れる病気です。発病初期には動作緩慢や歩行障害などがあらわれるた ...

認知症

常染色体優性(じょうせんしょくたいゆうせい)遺伝によって発病する神経変性疾患で、徐々に発症し進行する舞踏運動といわれる異常運動と、認知症(にんちしょう)や人格変化が現れてくるのが特徴です。

ハンチントン病という病名は、18 ...

日本は世界でもまれな未曾有の超高齢化社会に突入しています。その高齢化社会で欠くことのできない制度、もうおわかりですね。介護保険制度です。その介護保険制度のスムーズな運用を可能にするために重要な役割を果たしているのが「ケアマネージャー」 ...

介護事務管理士とは、介護保険施設などで介護事業を支える重要な職業です。超高齢化社会に突入している日本において、介護サービスの受給者も年々増えつつある中、今後ますますニーズが高まることが予想される注目の職業です。
介護事務管理士 ...

認知症

平成12年から始まった介護保険制度ですが、現在ではサービス利用が当初の3倍となるなど、高齢者の暮らしを支える大切な制度として定着した感があります。一方、高齢化によるサービスの需要と費用の増大、医療との連携など、様々な課題が浮き彫りにな ...

社会福祉士及び介護福祉士法に基づく国家資格です。
我が国においては、近年の急速な人口の高齢化の進行に伴い、ねたきり老人等要介護者の著しい増加が見込まれる一方、世帯規模の縮小、扶養意識の変化等に伴い、家庭における介護能力の低下が ...

認知症

体に貼るタイプの認知症治療薬が国内で初めて承認されることになったようです。

薬が飲み込めない患者や、食事はもとより、薬も飲むことを嫌がる患者が多いとも聞きますので、このような形態の薬が利用できるようになる事は、日頃から認知 ...

認知症

認知症などで判断力が衰えた高齢者らの財産を守る「成年後見制度」に信託契約を利用した新しい仕組みが導入されます。後見制度支援信託といわれる仕組みがそれです。
この仕組みは、社団法人信託協会と最高裁判所事務総局家庭局、法務省民事局 ...

認知症

パーキンソン病は、原因不明の神経変性疾患で、主に40歳~50歳以降に発症し、ゆっくりと進行するのが特徴です。この病気は、神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少してしまうために起こると考えられています。
パーキンソン病と言えば ...

認知症

クロイツフェルト・ヤコブ病とは、プリオン蛋白と呼ばれる異常な蛋白質が脳に蓄積し、脳神経細胞の機能が障害され、脳に海綿状の変化が出現するプリオン病と呼ばれる疾患群の中の代表的なものです。プリオン病には、このクロイツフェルト・ヤコブ病のほ ...

認知症

エイコサペンタエン酸(EPA)は、イワシやマグロなどの魚油に含まれる多価不飽和脂肪酸の一種で、イコサペンタエン酸(IPA)とも呼ばれます。体内では合成することができないため、外部から摂取する必要があります。
EPAが注目される ...

認知症

認知症は一度発症してしまうと、現在の所元のように戻ることはありません。現状維持ができればよい方で、できるだけ病状の進行を遅らせるだけが精一杯という場合も多いようです。治るにしろ治らないにしろ、本人のみならず、その家族や親族にのしかかる ...