訪問看護ステーション

サービス・特徴

訪問看護ステーションとは、老人保健法・健康保険法・介護保険法に基づき、かかりつけの医師の指示により、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。


訪問看護ステーションのサービス内容

いつでも介護が受けられるといいですね

■療養上のお世話
身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
■病状の観察
病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
■ターミナルケア
がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い
■在宅でのリハビリテーション
拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
■ご家族等への介護支援・相談
介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応
■医師の指示による医療処置
かかりつけ医の指示に基づく医療処置
■医療機器の管理
在宅酸素、人工呼吸器などの管理
■床ずれ予防・処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
■認知症ケア
事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
■介護予防
低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

入居者(利用)条件

介護保険証(介護度)、医療保険証をお持ちの方で、病気や怪我等により、ご家庭で療養されている方です。(年齢制限はありません)
介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です。

  • 寝たきり、もしくは寝たきりに近い方、物忘れが強い方や、オムツ使用している方等
  • 床ずれがあったり、体に管が入っている方等、医療的なケアが必要な方
  • 介護や医療について相談したい方

費用

利用する公的保険の種類によって基本利用料の割合が異なります。

基本利用料

■介護保険で訪問看護を利用する場合
毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1割を負担
■後期高齢者医療制度(長寿医療制度)で訪問看護を利用する場合
75歳以上の方は費用の1割、現役並み所得者の方は費用の3割を負担
■健康保険・国民健康保険で訪問看護を利用する場合
70歳以上の方は、原則として費用の1割(現役並み所得者の方は費用の3割)を負担
70歳未満の方は、原則として費用の3割(義務教育就学前の方は費用の2割)を負担

その他の利用料

■支払限度額を超えた場合
支払限度額を超えるサービス(訪問看護回数増など)、保険給付対象外サービスは全額自費負担
■休日や時間外の場合等
一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額を負担
交通費、おむつ代、死後の処置は実費を負担

介護保険の利用

利用可能

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする