老人デイサービスセンター

サービス・特徴

デイサービスセンター(通所介護事業所)は、老人福祉法に基づく老人福祉施設の一つです。介護や支援が必要な方を対象とした日帰りの通所サービスを提供しています。
事業内容としては、リフトバス等による送迎を行ったりする「基本事業」と「通所事業」「訪問事業」とがあります。サービス内容としては、下記の表に示すとおり、食事・入浴・日常動作訓練・健康チェック・レクリエーション・生活指導・家族介護者教室などが提供されます。これらにより、利用者本人の機能回復や心身機能の維持を図る事ができると共に、日常的に介護に追われているご家族の負担を建言する事も目的としています。


基本事業 生活指導(含むレクリエーション)、日常生活動作訓練、養護、家族介護者教室、健康チェック、送迎
通所事業 入浴サービス、給食サービス
訪問事業 入浴サービス、給食サービス

老人デイサービスセンターの実施主体は区市町村ですが、事業の一部を社会福祉法人・医療法人・民間事業者等に委託することができます。

老人デイサービスセンターの種類

老人デイサービスセンターには、「A型(重介護型)」「B型(虚弱型)」「C型(軽介護型)」「D型(小規模型)」および「E型(排徊型痴呆症の毎日通所型)」の5つの種類があります。

区分 サービス型 サービス内容
A型 重介護型 基本事業、通所事業、および訪問事業のすべてを実施する施設です。
B型 基本型 基本事業と通所事業の全てを実施し、訪問事業の各サービスについては選択して実施できる施設です。
C型 軽介護型 基本事業6項目中、「送迎」を必須として実施し、他の5項目中3項目を選択して実施するとともに、通所事業および訪問事業の4つのサービスの中で2項目を選択して実施する施設です。
D型 小規模型 基本事業については、生活指導(レクレーションを含む)、養護、健康チェックを行い、通所事業の給食サービスを実施するとともに、選択により入浴サービスを実施する施設です。
E型 認知症老人向け毎日通所型 事業の実施はD型と同じですが、対象者を認知症を発症した老人とします。
具体的な事業内容としては、基本事業については、レクレーションを含む生活指導、養護、健康チェックを行い、通所事業の給食サービスを実施するとともに、選択により入浴サービスを実施する施設です。

※事業内容は各自治体・施設により異なります。

入居者(利用)条件

対象者が「要支援」・「要介護」と認定された方となります。未だ介護認定を受けていないという場合には、まず役所の福祉担当の窓口などに相談して介護認定の手続きを進めて下さい。
サービス内容は介護認定の程度により異なりますが、ケアマネージャーとよく相談しながら本人にとって最適と思われるサービスをを選ぶようにしましょう

費用

利用料は介護費用の原則1割と食事材料費等の実費を負担することになります。

介護保険の利用

利用可能

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする