老人デイサービスセンター

サービス・特徴

スポンサードリンク

デイサービスセンター(通所介護事業所)では、事業としては、リフトバス等による送迎を行ったりする「基本事業」と「通所事業」「訪問事業」とがあります。サービス内容としては、下記の表に示すとおり、食事・入浴・日常動作訓練・健康チェック・レクリエーション・生活指導・家族介護者教室などが提供されます。


基本事業 生活指導(含むレクリエーション)、日常生活動作訓練、養護、家族介護者教室、健康チェック、送迎
通所事業 入浴サービス、給食サービス
訪問事業 入浴サービス、給食サービス

老人デイサービスセンターの実施主体は区市町村ですが、事業の一部を社会福祉法人・医療法人・民間事業者等に委託することができます。

老人デイサービスセンターの種類

老人デイサービスセンターには、「A型(重介護型)」「B型(虚弱型)」「C型(軽介護型)」「D型(小規模型)」および「E型(排徊型痴呆症の毎日通所型)」の5つの種類があります。

区分 サービス型 サービス内容
A型 重介護型 基本事業、通所事業、および訪問事業のすべてを実施する施設です。
B型 基本型 基本事業と通所事業の全てを実施し、訪問事業の各サービスについては選択して実施できる施設です。
C型 軽介護型 基本事業6項目中、「送迎」を必須として実施し、他の5項目中3項目を選択して実施するとともに、通所事業および訪問事業の4つのサービスの中で2項目を選択して実施する施設です。
D型 小規模型 基本事業については、生活指導(レクレーションを含む)、養護、健康チェックを行い、通所事業の給食サービスを実施するとともに、選択により入浴サービスを実施する施設です。
E型 痴呆老人向け毎日通所型 事業の実施はD型と同じですが、対象者を痴呆老人とします。
具体的な事業内容は、基本事業については、生活指導(レクレーションを含む)、養護、健康チェックを行い、通所事業の給食サービスを実施するとともに、選択により入浴サービスを実施する施設です。

※事業内容は各自治体・施設により異なります。

入居者(利用)条件

寝たきり痴呆、虚弱など日常生活を営むのに支障がある方。
対象者が「要支援」・「要介護」と認定された方のみ。

費用

利用料は介護費用の原則1割と食事材料費等の実費を負担することになります。

介護保険の利用

利用可能

スポンサードリンク

Filed under: 介護施設 — admin 5:01 PM