特別養護老人ホーム

サービス・特徴

スポンサードリンク

特別養護老人ホーム(介護保険法上の名称は「介護老人福祉施設」)は、65歳以上の者であって、身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする者(いわゆるねたきり老人等)であって、居宅において適切な介護を受けることが困難な者を入所させる施設です。
一般型の介護付き有料老人ホームと同様、常駐スタッフが生活支援から介護サービスまでのすべてを提供する施設で、通称「特養(とくよう)」と呼ばれます。入居対象は、要介護1以上で日常的な医療ケアを必要としない高齢者です。

公的福祉施設のため月額費用が低額ですが、その分要介護であれば誰もがすぐに入居できるわけではなく、介護優先度の高い人から順に入居となります。入居待ちの方は全国で40万人前後いるが施設が足りないなどのため、最低数ヶ月、中には数年待ちというケースも少なくないようです。ただし、要介護度が非常に高く自宅での介護が困難な方、緊急性のある方、所得が低く民間の有料老人ホームを利用できない方などは、優先的に入居できる場合もあります。
特別養護老人ホームの設置主体は地方公共団体や社会福祉法人であり、入所決定は居住市町村の措置決定によることになります。

入居者(利用)条件

健康状態

入院加療を要する病態でないこと。また、他の被措置者に伝染させる恐れがある伝染性疾患を有しないこと。

  • 日常生活動作の状況
    入所判定審査票による日常性活動作事項のうち、全介助が1項目以上および一部介助が2項目以上あり、かつ、その状態が継続すると認められること。
  • 精神状態
    入所判定審査票による痴呆等精神障害の問題行動が重度または中度に該当し、かつ、その状態が継続すると認められること。ただし、著しい精神障害および問題行動のため医療処遇が適当な者を除きます。

入所措置の年齢特例

  • 60歳以上65歳未満の者に対する措置
    入所基準に適合し、特に必要があると認められた場合、入所対象者となります。
  • 60歳未満の者に対する措置
    以下のいずれかに該当するときは入所の対象者となります。
    1.老衰が著しくかつ、生活保護法に定める救護施設への入所要件を満たしているが、救護施設に余力がないため、これに入所することができないとき。
    2.初老期痴呆に該当するとき。
    3.その配偶者(60歳以上の者に限る)が老人ホームの入所の措置を受ける場合であって、かつ、その者自信が老人ホームへの入所基準に適合するとき。

費用

特別養護老人ホームの1ヶ月にかかる費用の平均的な金額ですが、施設により変わってきます。
介護保険制度の改訂により、これまでは1ヶ月5万円程度だったのが、数万円の負担が余分にかかるようになりました。これは、水道費や光熱費が介護保険の対象外となったからです。特別養護老人ホームの費用は、月額利用料10~15万円程度になることが多いようです。
また、入居できるのは介護保険認定でレベル1から5の方となり、ランクに応じて負担金額も変わってきます。ランクがあがるほど負担額も増えると思っていただいて間違いありません。

介護保険の利用

利用可能(介護老人福祉施設ですので当然ですね)

スポンサードリンク

Filed under: 介護施設 — admin 2:13 AM