若年性認知症

認知症は高齢者だけの病気ではない

スポンサードリンク

認知症は高齢者の病気だろうと一般的には考えられていることが多いでしょう。しかし、実は働き盛りの年代でも認知症になることがあります。しかも、けっしてまれなケースではないようなのです。
それが「若年性認知症」。
なんと18~64歳(64歳が若年かという疑問はさておいて…)で発症する認知症の総称をこう呼んでいます。
若年性認知症も原因や症状は高齢者の場合と同じですが、頭部損傷などの事故による後遺症でおこることもあります。

10万人の患者数

若年性認知症を発症したとしても、最初は「あれ、何だっけ?」といった一時的な物忘れから始まるケースが多いのですが、時間の経過と共に病状が進行すると、家族や同僚の名前を忘れてしまったり、自分の行き先がわからなくなってしまったりといった症状が現れるようになり、仕事を続けることもできなくなってしまいます。また、行動障害としての徘徊なども症状に加わってきます。
若年性認知症の患者数は、厚生労働省の研究によれば、患者数は推計27,000~35,000人。現実にはその3倍以上におよぶとも言われていますが、正確な実態はわかっていません。

若年性アルツハイマー型認知症の原因

一般的には高齢のお年寄りの病気のように思われている節があるアルツハイマー型認知症ですが、もともとは若年性の病気で、その年代には起こらない病変が脳に起きてしまう病気なのです。
若年性アルツハイマー型認知症も通常言われている老人性アルツハイマー型認知症と原因は同じで、β(ベータ)アミロイド蛋白と呼ばれる異常な蛋白質が脳全般に蓄積することで、脳の神経細胞が変性・脱落し、萎縮てしまうことが原因とされています。
いまだに発生原因がよく分かっていない若年性アルツハイマー型認知症ですが、遺伝によるケースも見受けられますので、親族でアルツハイマー型認知症の患者がおられる方は注意が必要かもしれません。

若年性アルツハイマー型認知症の症状

若年性アルツハイマー型認知症と診断される6~7年前から色々な初期症状が目立つようになる事が多いといわれています。
はじめは頭痛やめまい、不眠が現れます。また、不安感や自発性の低下、抑うつ状態もあります。この段階では本人も気づいていないことが多く、仕事でのストレスや通常のうつ病が原因だろうなどと間違えられやすいので注意が必要です。さらに、病状が進行すると自己中心性が増し、非常に頑固になったり他人への配慮ができなくなったりといった症状が現れます。
若年性アルツハイマー型認知症は、脳の萎縮スピードも早く(40歳代患者の場合、高齢者に比べ2倍以上のスピードで病気が進行します)、放っておくと症状がどんどん進行してしまいますので、早期発見と早期対策(治療)が非常に重要であり、患者のその後の生活維持にも大きく影響してきます。

若年性脳血管性認知症の原因

この場合も通常の脳血管型認知症と同じで、脳梗塞による血管の詰まりや血流量の減少などにより脳細胞の働きが低下するために起こります。こちらの型は男性に多く見られます。

若年性脳血管性認知症の症状

「物忘れがひどくなった」「計算ができなくなった」などの症状が重要な判断ポイントになります。一部の脳の機能が低下してしまうために、あることは忘れたのにあることは細かく覚えているといった「まだらボケ」があらわれるのも若年性脳血管性認知症の症状の特徴のひとつです。
高血圧や脳卒中の経験がある人は特に注意が必要です。

若年性認知症の治療方法

若年性認知症

残念なことですが、現状では若年性認知症においてもこれと言った決定的な治療法があるわけではありません。症状に応じてさまざまな治療法を行うことになります。
若年性認知症だと診断されただけでも、そのショックは並大抵のものではないと思います。しかし、早期発見により症状の改善や回復の可能性もあります。また、アルツハイマー型の場合はリハビリを続けることが大事です。脳血管性の場合は、規則正しい生活とバランスの取れた食事に気を付けましょう。
いずれにしろ、若年性認知症は、早期に発見し医療機関にかかることが非常に重要なことでしょう。専門医の指示を仰ぎ少しでも病状の進行を遅らせるようにすることが、本人のみならず家族をはじめとする関係者の負担軽減にもつながることは間違いありません。

脳血管性若年性認知症の予防

「脳血管性認知症」は脳神経細胞の活動に不可欠な栄養素や酸素を運ぶ「血管」に障害をきたすことにより、間接的に脳がダメージを受ける病気です。こうした血管の障害を予防するには、動脈硬化や高血圧といった循環器系の生活習慣病予防と同様、毎日の食事や運動、ストレス解消などに留意する一方、最近よく聞かれるようになった「脳トレ」で、脳への血流を積極的にサポートするように心がける方法が試みられます。

脳が正常に活動するためにはさまざまな栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミンやミネラル)が必要不可欠でなのは当然のことです。そして、それら栄養を運んでくれる通路が「血管」です。従って、若いうちから循環器系の病気を予防する栄養素を意識して多く摂り、脳の活動をサポートしておくのは望ましい「認知症予防」の方法であると言えましょう。
一方、どんなに良質な栄養素を供給しても、使わなければ脳の活動は低下します(それは体の他の部分でも同じことです)。栄養素や酸素の補給といった基本的な毎日のメインテナンスに加え、脳に課題を与えたり、毎日のトレーニングを課することで刺激を与えることも大切です。以降では、認知症予防に望ましい食生活や、脳のトレーニングについてご紹介いたしましょう。

脳の健康に必要な栄養素

健康な血管をサポートする食事とは次のような要素が重要となります。

  • コレステロールの摂り過ぎを抑える
  • 高血圧を予防するために減塩食を基本のする
  • 血管の細胞を傷つける活性酸素を消去する食品を摂取する

これらの要素を充足させるため下に挙げた食品類をできるだけ多くとるように心がけると良いでしょう。

  • 野菜類…ニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜は細胞の老化を予防します。
  • 海藻類…繊維質が豊富な海藻類はコレステロールの吸収を抑えます。
  • キノコ類…腸内のコレステロールの吸収を抑えます。
  • 玄米・胚芽米…ビタミンEが体内で発生する活性酸素を減少させます。
  • フルーツジュース…ポリフェノールがアルツハイマー予防に役立つのではないかという調査があります。
  • 青魚…サバやイワシなど青魚に含まれる多価不飽和脂肪酸(DHAやEPA)は悪玉コレステロールを少なくし、認知症予防にも役立つと考えられています。

一方、脂っこいコッテリとしたメニューや、塩辛い食事の摂り過ぎは血管の老化を促し,高血圧を助長します。毎日の食事がコレステロールや塩分の摂り過ぎに傾いていないかどうか日頃から注意することも重要です。

脳のトレーニング

脳のトレーニングの目的は、脳を活性化させるためです。物忘れが多いお年寄りや軽い認知症の患者さんに「簡単な計算」を繰り返し行なってもらうことで、記憶障害が軽減され、感情のコントロールが改善した例や、気分が安らぐときに現れるアルファー波を「音楽」や「イメージ」により高める試みが認知症を軽減させたとする例も報告されています。
また認知症(特にアルツハイマー型)にかかると脳の中の「海馬」と呼ばれる部位がダメージを受けやすいのです。海馬の活動は、記憶力と密接な関係にあるため、アルツハイマー予防において、海馬を刺激できるようなトレーニングにも期待が高まります。たとえば冒頭で述べた「計算」は海馬を刺激してくれます。他に「文章を読むこと」や「トランプ」なども同様です。
これらトレーニングは、脳の働きをフル回転させることにる脳血流の増加を主眼としているようです
その他にも、エアロビクス(ウォーキング、水中歩行、散歩)などによる有酸素運動は脳への血流を増加させることがわかっています。また「ぐっすり寝ること」や、食べ物を「よく噛む」ことが脳の機能を高めるとする報告もあります。

こうしてみると、若年性認知症の予防は、その効果の有無はともかくとして、日常生活の改善により危険因子を取り除いて行くことが、遠いようで一番の近道だと言えそうです。

スポンサードリンク

Filed under: 認知症の種類 — admin 12:14 AM